行き詰まったらビジネスの原点に戻る

ビジネス

人生は山あり谷ありと言いますが、実際問題、確かに山あり谷ありで上手くいく人ばかりではありません。

ヘタするとコケてばかりで、嫌というほどコケてもう死にたいと思うところまでいってしまう。

そこで

「首くくらずに、肚(はら)をくくる」ことができた人が、「運」が反転して、急上昇して行ったりします。

そこまで行った人は、なんでもやる覚悟になってますから怖いものはない。

底辺まで行ってしまったので、あとは這い上がるだけです。

それ以上は落ちようがないんですもんね。


改めてビジネスとは?

ビジネスをするということは、何かを提供することです。

商売であろうとなんだろうと、形あるもの・形ないもののいずれかを提供してお金を得る。

それがビジネスであり商売です。

・自分は何が専門なのか。

・自分にできることって何だろうか。

まずはそこが基本です。

今、ネットビジネスと言って、言葉ばかりが先走ってしまっている感が強いですよね。

全体的に「売るノウハウ」だけでお金を儲けようとしている人間で溢れかえっている。

そんな気がしてなりません。

ノウハウを売るのはコンサルタントがそうですから別に何の問題もないのですが、

行き詰まっている人たちは、大体がアフィリエイト系統だけをネットビジネスと 思い込んでいる人たち。そんな気がします。
私の勘違いかもしれませんが、そんな気がしています。

商材の中身も今でこそ変化してきたようですが、どれも似たり寄ったりのものばかりで、塾にしたって無責任極まりないものが横行していた。
全部ではありませんが・・・。

ノウハウというのは形のない商品です。
そんなものばかりが世の中に溢れかえったら、この日本は完全にダメになりますよね。

そうは思いませんでしょうか。

形のないものでも、人と人が接触しあうサービス。

例えば、介護もそうですね。部屋掃除もそうですね。

そういうものは、現実に存在するビジネスですが、あれば思わず
「ありがとう」と言いたくなるサービスです。

ノウハウでもコンサルタントとして正規ビジネスで取り組まれているものは価値がありますが、単なるイカサマコピーで無理やり売ってしまうものは
価値は「0」です。

今行き詰って、収入が「0円」のままの人。
または、それに近い人。

今一度、基本に立ち返って、自分が得意としているのは何だろうか?
好きでやれることはなんだろうか?
自分の専門を拡大させる方法はないものか。

ということを考えなおして、ネットビジネスで提供する『サービス内容』を考えなおしてみてはいかがでしょうか?

私もこれまで色んなことをやってきましたが、結局は元の鞘(さや)に収まる方向へ 向かっています。

結果が出ている出ていないに関わらず、人ってやはり好きなことをしている時が 一番楽しいので、それが一番いいのでしょうね。

まぁ私の場合、強いて言うならばトレード。それも多くの人が毛嫌いする、「バイナリーオプション」を半年近く集中して勉強したおかげで、独自の手法をみつけました。

ネットで宣伝している高額のバイナリーオプション系商材にも手を出しました。

YouTubeに掲載しているバイナリーオプションのものもほぼ一通り試しましたが、結果は全て「✖」でした。

しかし、知識はつきました。その結果、私専用の手法を見つけた、という訳ですね。
非常にシンプルな手法で済んでしまう。そんなものを見つけることができるとは、最初は全然考えてもいませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました