非常時に生き延びる知恵(サバイバル)

サバイバル

災害時のみならず、山岳地帯で迷ってしまったとか、島に渡って遊びに行った時に緊急事態発生でサバイバルの必要が出た場合に生き延びる知恵があると無いでは心強さが違います。

無人島みたいな環境と被災した市街地では状況が全く違いますが、
何もないところで火を起こし、水を手に入れる方法というか技術は
持っていた方がいいですね。

(1)火を起こす

探せば結構方法が種々ありますね。
原始的なキリモミ式とか、かと思えばを使う方法とか。
他に氷を使う方法もありますね。ペットボトルを使う方法もあります。

例えばこんな方法

乾電池とガムの包み紙で火をおこす方法 How to raised fire with the wrappin

あるいは、ビニール袋を使ったこんな方法

ビニール袋で火を起こす方法 まさかの時のために

要は知恵の問題だな、と思いました。

(2)水を手に入れる

これも探せば結構ありますね。

こんな方法とか

アフリカの泥水を飲む方法 | サバイバルゲーム (ディスカバリーチャンネル)

泥水や濁った水を飲料水に変える方法

『泥水も飲料水に変える、ろ過装置にコーラを入れてみた』

他にも、以下の方法が各種あります。

朝露を集める方法
雨水を効率よく集める方法
雪を飲み水にする方法
雪を飲み水にする方法その2
太陽熱蒸留法
青草を利用した方法
北米先住民族の知恵~インディアン井戸
海水を蒸留する
竹から水を得る方法
携帯浄水器を使う
水の話をしよう
バナナの木から水を得る方法

この中で、比較的よく知られているのは、青草を利用する方法ではないでしょうか。
ビニール袋で青草を包み、袋をやや下に引いた形にしておけば、青草から出てきた
水分が袋に溜まっていく、というアレですね。ただかなり時間が掛かりますから、
飲むことを考えるなら、いくつか準備しておく必要があります。

こちらのWEBサイトに画像入りで説明してくれています。ご覧になってみてください。

アウトドア、登山で役立つ!究極のサバイバル術12選(水の確保編)|マウンテンシティメディア
通常、人里にいると水は豊富にありますが、それは水のあるところに人間が集まっているためです。人がいない山の中には水はありません。もしも、山で迷ってしまい水を持っていなかったなら、1週間と生きてはいけませんよね。今回はアウトドアでのサバイバルとして、知っていると生存確率が跳ね上げる水の確保の仕方をイラスト付きでご紹介します...

(3)食料はどうする?

火と水は何もないところから手に入れる方法があるということは分かった。
しかし、次に来る大問題は食料だ。
これだけは何もないところから作り出すだなんて真似はできない。

小麦粉と塩があれば腹の足しにできる程度のものは作れますので、
まず小麦粉を入手できるか。
あとそこらに生えている草とか花の類い。もっともこれは知識がないと
危ない草花があるので無闇に腹に入れるわけにはいきません。

場所があれば作物、それもジャガイモを生育させることをまず考えたほうが
いいかと思います。とにかく栄養が豊富ですよね、ジャガイモは。
しかも熱しても壊れにくいですし。

小麦粉の話が出ましたが、小麦粉というのは結構栄養素が豊富です。

エネルギー
水分
たんぱく質
脂質
炭水化物
食物繊維
灰分
カルシウム
リン

ナトリウム
カリウム
マグネシウム
亜鉛

ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン

これだけ入っています。薄力粉、中力粉、強力粉、全粒粉とでそれぞれ100gあたりの成分量は微妙に違いますが、しっかり入っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました