ブログで作る電子書籍

パソコン

電子書籍も最近は簡単に作れるようになりましたが、それでもパソコン初心者さんには、まだまだ敷居が高いかもしれません。そんな初心者さん向けに記事を書いてます。

ブログの作り方と記事の作り方は省略します。

今回は「seesaa」ブログを例にとります。fc2とかjugemとかでも
可能ですが、やり方は同じです。

ただ、最終的に文字と画像の配置を調整する必要がありますので、必ず見直しを行うことを忘れないでくください。

作成の流れ

流れをざっと説明しますと、

(1)
seesaaで時系列に沿って内容が一貫した記事(作品)を作っていく。

(2)
30ページから50ページ規模のものが出来上がりましたら次はすべての記事をダウンロードします。

(3)
ブログのメニューから「その他」 ⇒ 「エキスポート」を選び、「UTF-8」、「取得範囲」を選び 、コメント・トラックバックはどれも選びません。(チェックボックス)

(4)
そして、最下段に「エクスポート」 というボタンがあるので、それをクリックしてダウンロードします。
標準ではパソコンのダウンロードに納まるかと思います。
グーグルクロームを使っている場合は、ダウンロードフォルダーに収まります(デフォルト)。

(5)
そのデータを元に、電子書籍化する体制に入りますので、どこに保存されているかを確認しておくこと。

(6)
「ブクロブのパブー」のアカウントを取得して、ログインした後に「本を作る」というボタンが右上にあるので、それをクリックします。

ブクロブのパブーは http://p.booklog.jp/ がアドレスです。

(7)
ブクロブのパブーでは細々とした作業が出ます。

「本を作る」のボタンをクリックすると
・本のタイトル
・本の概要
・カテゴリー
・タグ(本に付けるタグです。検索される時に必要になります)
・表紙画像
を入力して製作ページに移ります。

(8)
左側のメニュー欄に「インポート」 というのがありますので
そこから、先ほどブログからダウンロードしたファイルを
アップします。

(9)
アップが完了したら、それで出来たも同然ですが、本ですからそうもいきません。
・はじめに
・おわりに
・奥付
などは必ずつけてください。

他に章分けされているのなら「目次」もあった方がいいですね。

ここではリンク付きの目次は自動ではできませんので、手作業による
目次ページ製作が必要となります。

ブログライクな作りができますので、作業はそれほど難しくはないと思います。

・出来上がったページを開き
・同時に目次製作ページも開く
その状況でアドレスを確認しながら、目次リンクを付けていきます。

慣れてしまえば大した作業ではありません。30分もあれば
ダウンロードから出版までが全部できるようになります。
アップロードの時間はページ数によって変わりますので、その時間を外して30分くらいです。

電子書籍作成時の注意事項

前回は、ブログを使って作成する電子書籍でした。
ブクログのパブーは広範囲に応用が利くサイトなので、
是非、使い込んでください。

ブクログで作ると、PDFファイルとePUBファイルの
両方が自動で作成されます。

作成した本の編集メニューに入った後に、サイドメニューの
「PDF・ePub更新」をクリックすると、上のほうに「ファイルを更新する」
というボタンがあるので、それでファイルが作成されます。

ブログで記事を起こす際の注意点

最近のブログはほぼ全てがメール投稿が可能です。
携帯やスマホから投稿できます。

seesaaに至ってはデコメ投稿もそのままOKで、受け付けます。
(素材の利用権の問題はここでは考えません)

そのデコメ投稿も簡単に受け付けてブログにアップしますから楽しい記事のブログが簡単に作れます。

問題は、記事データをエクスポートして、それをブクログで取り込む時です。

基本的にデコメ投稿するとブログ側ではそれをリッチテキストとして
受け付けます。

そうするとどうなるか。

テキスト入力されるべきところが、html入力になります。

ブログで作業が完結するならば、何の問題もありませんが、こちらはこれからブクログへデータを渡して、電子書籍にしようとしているワケです。

タイトルや日付などは問題なく取り込みますが、肝心の記事の部分は取り込んでくれません。

その時はやむを得ないので、MTファイルを開いて手作業で
記事の抜き取りをするのですが、htmlタグだらけで慣れてないと多分分かりません。

ですので、電子書籍化の計画があるブログの場合は、面倒でもメール投稿ではなくて、WEBサイトから文字入れしてください。

これは、デコメで投稿するならば、という話です。

普通に文字投稿するだけなら、メール投稿でも問題はありません。

ここらの詳細は、ブクログのパブーのマニュアルを参照してください。
ブクロブより発行されているマニュアルです。
>>> http://p.booklog.jp/book/378

動画を見れる電子書籍を作れるアプリケーション

ブックマネージャーというシーサイドソフト社のアプリがあるのですが、これが重宝します。

ダウンロードは、https://www.seasidesoft.co.jp/s3manager/s3manager.html

このアプリ、動画を見ることができる電子書籍を作れます。

この場合スマホでも閲覧OKですが、パソコンを前提にしておくと画面を大きく見ることができて、満足感も大きくなります。

パソコン向けだと、このアプリは「EXE」形式で書籍を作れますので話は非常に簡単です。

電子書籍を見るための専用のアプリが不要になりますから、何も考えないでいい。

そういった利便性は、特に中年以降の男性女性諸氏には効果が大きいでしょう。

さて、その電子書籍ですが、どういう作りをするかというと、

左側のページに商品動画、右側に上で書いた感情を動かす言葉で商品を宣伝します。
もちろん、アフィリエイト・コードをつけます。

あと、あなたが購入に至った感情的な動機を書きます。
文章最後尾の方に、買って正解でした、みたいな文言が入れば完成です。

スマホ向けに作ると、動画付きは数ページしか作れませんが、パソコンを前提にすれば、数十ページは大丈夫です。

問題は、配布の仕方です。
そのまま「動画付き電子書籍です」では誰も見てくれません。

見ないと済まない構成にする。

一つはプレゼントを電子書籍に埋め込んでしまう方法。
電子書籍中にプレゼントが隠されています、という形での案内ですね。

動画埋め込み式にした方が、販売するにしてもプレゼントするにしても渡すファイルが激減して、わかり易くなります。

スマホ向けの動画(H264)にするには、「スーパー動画変換」を使ってください。

ドラッグ&ドロップで簡単にできます。
作者の純正サイトは、どこでダウンロードできるのかが不明です。

ですので、Vectorでダウンロードしてください。

こちら >>> http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se476647.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました