体質を変えれば太らない

健康

ダイエット = 食事制限。

そんなイメージと知識を持った人は今でも多数存在します。

しかし、食べたいものも食わずに我慢しながらダイエットをやれば、どこかでその歪(ひずみ)の修正反応が出てきます。

それが俗にいうリバウンドです。

人は正常な栄養を摂りながらの食事をしていれば、代謝機能がしっかり働き、太るはずはないんですが、それが太るのは栄養が確実に偏っているからに他なりません。

標準体重の +- 10Kg から 15Kg 程度であればそれほど大騒ぎすることもないかもしれません。

しかし、極端な方が多いようで(^_^;、だからダイエット産業が人気あるんでしょうね。

人はやはりスタイルのいい人に憧れますし、また好きになる傾向が多いですよね。

中には嗜好の違う方もいますが。


代謝機能をあげる栄養素とは

代謝には2種類あります。

一つは、細胞など身体を構成するものを作り出すもの
二つ目は、エネルギーとして使われるもの。

一つ目は俗にいう「新陳代謝」で、2つ目は「基礎代謝」です。

基礎代謝は、内蔵を正常に機能させるためのもので、食事が乱れていると内蔵が弱ってきて確実に基礎代謝が下がります。

新陳代謝は 

「最近、若い頃みたいに汗をかかなくなった」

とよく言いますが、それですね。

ここらの詳しいことは、0円のe-Bookを出しておきましたので、それを紹介いたしますので、それを見ていただくとして、(下記にリンクを張っておきました)

簡単にもう少し書いておきますと、ポリフェノールと酵素。

この二つを摂り込むことで、2種類の代謝機能を上げることができます。

もう一度言います。

機能を「上げる」 です。 「治す」訳ではありません。

飲み過ぎて肝臓を壊したとか、胃ガンになったとか。

そういう状況になっている人は、代謝機能ではなくて、医者にかかってください。

ダイエット以前の話です。

そうは言っても忙しい現代人にあれこれ気を使え!

と言ってもそれはかなり難しいのも事実です。

そういう人に最適なサプリメントというのもありますね、今の時代。

ここらを含めて 以下のURLより0円電子書籍がダウンロードできますので

そちらをご覧ください。

書籍の最後の方に紹介記事を書いてあります。

http://p.booklog.jp/book/92706/read

ブクログのパブーを使った本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました